top of page
検索
  • Kumiko Fujii

Overcome

寮での部屋はアメリカ人のママさんとシェアしていました。

部屋に着いた時はルームメイトはいなくて、外からは楽しい音が聞こえ、たどり着くまでの緊張が解れたのかベッドで不安になった事を覚えています。これから大丈夫かな?って。

でも、その日の思い出はそれが最後で、後は怒涛のように過ぎていったのか断片的な思い出しかありません。


寮には英語学校に通う日本人もたくさん住んでいたのですが、私はあえて関わらず(そもそも学校が違うし)隣のお部屋のアメリカ人に遊んでもらったり、香港やインドネシアや中国から勉強しに来ている子が多かったのでアジア人の友達はすぐにたくさん出来ました。

同じ学校の子には、時間割どうした?って聞かれて、え??何??自分で決めるの??と早速焦り、学校の留学生カウンセラーに連れて行ってもらって時間割を決めたのも今はいい思い出。色々と自分で手続きをしていたので、まぁ漏れの多い事・・・。そんな時にお友達に救われました。留学時代のお友達に関しては、今でもFacebookで近況が知れるので嬉しい!(私は見るだけで全く記事書いてませんが・・)ちょうど留学したくらいにインターネットが一般的に使われるようになり、学校のパソコン室でYahoo!とか見ていたのが懐かしい。今ではサク!っと見れますが、当時はデータが重いと、ずっと砂時計マークが回ってて。現代っ子には分からないか。


閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page